FC2ブログ

2階ベランダまたぎについて

耐震構造について、

私どもの手掛ける住宅は、基本耐震等級3レベルをめざしています。
お客様の希望に合わしてですが。

建築基準法では耐震等級1でいいのですが、。
耐震等級3にしようとすると、

構造上、耐力壁が多く必要になってくるわけです。
筋違や構造用合板や、その他規定で決まっている材料をつかってつくる
耐力壁なんですが。

どうしても、間取り優先の場合は、その耐力壁がつくれなくなります。
間取り優先なのか、構造優先なのか。。。
大体は折り合いをつけてといいますか、、、
耐震等級3をめざして、少し間取りも若干我慢するところもあったりと、
そんな感じがおおいかと思いますが、

そこは、なんとか、間取りに支障ないように、あの手この手で、
構造をいろいろ考えます。



ところで、「2階のベランダが、窓下と同レベルで、バリアフリーぐらいに
さがっていると思っていました、」とお客様から
伺いました。

なるほど、お客様は、そのようなところに疑問をもつんだなあと思いました。

1階の掃出し窓や玄関ドア前などは、バリアフリーにできるのですが、
(基礎から外のテラスはできないです。そうしてしまうと、
雨水などが、基礎下に侵入してしまい、基礎にあってはいけない、
水がまわってしまうことによって、シロアリが生息しやすくなってしまいます。)

2階は基本できないんです。

理由は、
バリアフリーにしてしまうと、
ベランダからの水が、窓下に回ってしまって、
ベランダしたから、水が逆流して、部屋に入って雨漏れがするから。。。


実際に、こちらの2階掃出し窓立ち上がりが低くて、防水しているところより、
上部にみずがまわり、窓下からの雨漏りをされているお宅がありました。

私どもで、雨漏りを解消するべく工事をさせていただきました。

この立ち上がりを低めに設定すると、防水屋さんにこっぴどく、
説教されます。。。
わかっているのに、くどく、くどーく、話をおききしました。

また、では、ベランダを構造からさげたらどうか、ということなんですが、
こちらも問題がありまして、

天井高さに影響するのと、
階高をかえるので、北側斜線に影響しなかいどうか、
費用に大きく影響しないかどうかと、(します。)

一番大きな問題が
ベランダはベランダ下に柱がないと、
構造からの跳ねだし構造になりますが、
こちらがはねだしになりません。
金物でとめることもできるのですが、構造上強くありません。

耐震等級3がとりにくということになります。

柱や壁の耐力壁だけでなくて、床などの、面剛性もみるからです


私どもは、私が耐震等級3になるように、壁量をみて設計しますが、
ダブルチェックで第三者機関に依頼をして、客観的な
構造資料をいただくようにしております。

そちらかの指示でも、「だめです。」という回答が返ってきました。

できるだけ、緻密な設計をこころがけているのですが、
なかなか、このところに関して

値段が特にかからず、
構造的にも耐震等級3で、
雨の侵入も防げての

2階ベランダ窓とりあいがフラットってできないああと、
感じてしまいます。

瑕疵保険のしなければいけない構造がありますが、
ベランダと2階床はフラットにはできないというものです。

企業のモデルハウスや、写真などで、そのようなものを見かける時も
ありますが、いろいろ細工されているようでして、、、

という、3つの大きな理由があるかと思います。

以下建築 Q&A 参考文です。





>木造の瑕疵保険の規定で立上りが120ミリ以上、勾配が1/50以上を求められます。

>木造住宅の瑕疵担保保険の施工基準でバルコニーとサッシの
立ち上がりの段差は12cm以上ないとダメですよって基準があります。
雨漏り防止のきまりだよ。
段差が無いのは 保険外の建物か、段差を一度造って、取り外しできる
スノコやデッキなんかでフラットに仕上げる場合だよ。(掃除が大変だけど)

または 下が見えるような脚付きのデッキの場合。

さらに 木造でバルコニー下に部屋がある場合、下階の天井スペースが少ない場合
>には構造的に無理な場合もありますよ。


というような内容がのっていました。

参考になれば。。。

私たちは、当たり前のように納得して、工事して、
意味をしっかり理解して、
業界の通例のようになっていますが、
などほど、

お客様は疑問に思う方もおられるのだと


もし、深く考えずに2階ベランダとサッシをまたがず
バリアフリーにしてしまったら、
お客様にいわれて 、
たとえばいい人と思われたいがために、
深く考えずに
そのような工事にしてしまったら、

それは、まずい、
(まずいだけでは、済まないのですが、・・・。)
瑕疵保険に入るのは、法的に義務であるので、





一旦止まって、考えて、客観的に総合的に
判断して、お客様のお家によって、
何が一番いいのか、考えないといけないなと
改めて思いました。